「メロディと詞の個展」

   楽器音・主旋律のみはこちらです



鈴木千奈津 詩集
はるのかんじ 
より

「仲間に言おう」 


詞 鈴木千奈津
曲 板倉直壽 2015.1  ハ長調
歌 風太郎


今日嬉しいことがあった
仲間に言おう
きっと一緒に喜んでくれる
今日悲しいことがあった
仲間に言おう
きっと一緒に泣いてくれる

今日悔しいことがあった 
仲間に言おう
きっと一緒に悔しがってくれる
今日楽しいことがあった
仲間に言おう
きっと一緒に笑ってくれる


※(繰り返す)

そんな仲間に囲まれて
本当に幸せだ
いつでも心の中にいて
いつでも支えてくれる

その時が来たら何でも言える
どんな出来事も
みんなで分かち合う
その時はいつでもいい
みんながいる限り

 




詞/1999. 6.28   曲/2014.1
鈴木千奈津さんの紹介

 1982年1月10日 静岡県牧之原市勝田で誕生。明るく元気の良い子でした。
 ところが小学校2年生(7歳)の時、脳動脈瘤によるクモ膜下出血が原因で、四肢麻痺、言語障害となってしまい、見たり、聞いたり、喜怒哀楽を顔で表現することはできても、自分の意思を伝えることができなくなってしまいました。そして、7年ほどが過ぎました。
 ところが14歳のとき、お風呂の中で、千奈津さんの僅かに動く左手で簡単な文字を書くことができることに、お母さんが気がつきました。驚いたお母さんが、毎日様々に工夫して文字を書く練習をさせたところ、そのわずかにしか動かなかった左手で、千奈津さんはさらに多くの文字を書くことができるようになりました。そして、絵も描くことができるようになりました。こうして、7年間、誰にも伝えることができなかった気持ちを、とうとう伝えることができるようになったのです。
 その後は詩を書き、絵を描き、友達にも恵まれ、お母さん初め、家族の深い愛情に守られながら明るく過ごしていましたが、ある日インフルエンザをこじらせて肺炎になり、2001年1月1日、突然帰らぬ人となってしまいました。あっという間の出来事でした。18歳の若さでした。

 (以上は、「はるのかんじ」のお母様のあとがきを、ごく短くまとめさせていただきました)

鈴木千奈津 詩集
はるのかんじ 

著 者 鈴木千奈津
発 行 CHINATUSU HOUSE
発行者 鈴木秀美
印刷所 (株)平河工業社


 ●「算数の歌」  ●創作賛美歌  ●海野厚作品集   

 作成日  更新日 

 ●簡単に音色を綺麗にする方法