メロディと詞の個展




 

「いまるの歌」


詞 板倉直壽 2010. 5.5
曲 板倉直壽 2010. 5.5
歌 メグッポイド

生きてるだけで  まるもうけ

生きてるだけで  まるもうけ

生きてるだけで  まるもうけ

いまる  いまる  いまるルルルル

いまるルル     いまるルル 

いまる  いまる  いまるルルルル

生きてるだけで  まるもうけ

いまる  いまる  いまるルルルル

  
  
 某有名人の娘さんが、自分の名前の由来を話していました。父親が、「いきてるだけでまるもうけ」だから「いまる」にしたというのです。このお話を聞いて、私はすごい話だと思い、メロディをつけました。詞は、その説明そのままですから、作詞はその方、若しくは某有名人ということになりそうですが・・・。メロディはできるだけ単純にしました。

 私達は生きているだけでは満足できないのが普通です。生きてるだけじゃ意味がない、何かしなければ、結果を、業績を残さなければ、楽しくなければ、などなど、いろいろ考えて生きているのではないでしょうか。そして、そのために、深く悩んだり失望したりすることもあります。それは普通の人間の姿であり、それ自体、決して間違いではないと思います。
 しかし、いつかテレビで、若くして、余命あと数日しか無いという女性が、「明日があったらどんなにいいだろう」「明日があることは凄いことなのだ」と、息も絶え絶えにつぶやいているのを聞いて、何とも言葉がありませんでした(私にはこの女性の、切なる思いをどこまで理解できたかわかりませんが)。この女性は、生きていられるだけで、まるもうけなのだと言いたかったのかもしれません。
 こんな意味の深い言葉を、まだ若かった某有名人が、自分の子供の名前にしてしまうほど強い確信があったことに、私は素直に驚いています。いつもおちゃらけをいってばかりの某有名人が、凄く偉い人に思えました。時間があれば、もうすこし、編曲を工夫してみたいと思いますが、今はこの程度にしておきます。  10/05/09

  ○You Tube「いまるの歌」    ●「算数の歌」  ●創作賛美歌  ●海野厚作品集

 作成日 10/05/05 更新日 2015/4/15 
 ●簡単に音色を綺麗にする方法