〜メロディと詞の個展〜  メグッポイドが歌います

もう一度     メロディと詞の個展




 

  「小さな命」

詞 板倉直壽 2004.10.12
曲 板倉直壽 2000.5.1
歌 メグッポイド

@小さな命  生まれし時に
 その父母(ちちはは)
 喜びに  満たされて
 永久(とわ)の幸せ  夢に見る

 時は過ぎて
 今は帰らない
 愛(いと)し子よ
 どうして
 あなたを逝(い)かせてしまったか

 時の流れに  流されて
 力と富に  欺(あざむ)かれ

 厚く 地表に
 埋(う)もれた 屍(かばね)
 重ね重ねた 平和の石の
 
 1つ1つを  壊すのは誰
 壊すのは

 その心  情けなく
 忌
(いま)まわしく 許せなく
 その心  力と冨に伏している


A小さな命  生まれし時に
 人は誰でも
 心から  この国の
 永久(とわ)の平和を 誓(ちか)いあう
 時は過ぎて
 苦難の道へと  歩もうと
 この国は
 平和をつかんで離さない
 時の流れを  見つめつつ
 力や富と  向き合って
 厚く 埋(う)もれた
 屍(かばね)を悼み
 重ね重ねた 平和の石の
 1つ1つを  守るのは誰  守るのは


 その心  悲しくて 優しくて 正しくて
 その心  勇気と愛に満ちている


 その心  悲しくて 優しくて 正しくて
 その心  勇気と愛の神に 全てを委ねてる



2005.5.1 2番 記載
2010.2.20 1、2番 加筆訂正

  


 この曲は、ある方の詩「いのち抱きしめて」に曲を付ける公募があり、そのとき作ったものですが、落選しました。そこで、著作権の問題を考え、、詩も自分で作ったみたのがこの歌です。07/11/12


 10年ほど前から皇居の周辺をよくジョギングしているのですが、最近になって靖国神社や千鳥ヶ淵戦没者墓苑の前で足を止め、簡単に祈りを捧げるようになりました。わざわざ遠くから訪れて祈る方々が少なくないのに、日常的に側を通る自分が何もしないのはもったいないような気がして、いつまでジョギングで側を通れるかわからないので始めたのです。そのおかげでいくつかの考えを新たにしました。
 それは、@戦争で亡くなった方々は親兄弟姉妹を初め、当時の日本人、そしてその子孫である私たちの代わりに命を落とされたのだということAその尊い犠牲があったからこそ今日の日本の平和があり、多くの方々の犠牲が平和の礎になっているということです。
 大変痛ましいできごとでしたが、無駄ではなかったと思いたいのです。みなさんの人生は無駄だったとは言いたくないのです。むしろ、私たちの身代わりになって下さり、おかげで私たちは苦しまなくて済みました。平和を与えて下さり有り難うございましたと、お礼を言いたいのです。短い祈りの中に感謝の言葉を忘れないようにしたいと思います。また、この平和を未来永劫に守りきることが、尊い犠牲を無駄にしないことになるのだと思うのです。
 この「小さな命」という歌は自分で作りながら、長いなあ、理屈っぽいなといつも感じて、なかなか最後まで聞けませんでしたが、最近は落ち着いて聞けるようになりました。小さな祈りのおかげで少し心に覚悟ができたような気がします。この歌の心に自分が近づいたような気がします。
 私も今年還暦を迎え、新たな一歩を踏み出したいと思う今日この頃です。2011/12/21

 日本では、毎年8月6日には広島で、9日には長崎で、原爆の日の追悼式があります。この式の目的は、亡くなった方々を追悼するとともに、二度とこのような悲劇を起こしてはいけない、起こさせていけないという誓(ちか)いの場、誓の時のはずです。同様に、東京大空襲の日、全国各地の空襲の日、8月15日の終戦の日の追悼式も、すべて同じ思いで行われていることと思います。そしてそれは、その式典に参加している方々だけではなく、全ての国民の思いであるはずです。

 ところが、その日本(政府)が、アフガニスタンやイラクでの空爆を支持しているのです。これらは軍事施設や軍人だけが標的になっているのではありません。武装して人を攻撃する軍人や、戦争に荷担して利益を得ている者たちが標的であるならまだしも、標的の中には、無辜の子どもや女性、一般市民が多数含まれているのです。むしろそれらの人々の方が多いかもしれません。それなのに、われわれ日本人はどういう顔をして、8月15日の終戦記念日や広島長崎の原爆記念日や、東京大空襲その他の全国数十カ所の都市への空爆の記念日に頭(こうべ)をたれ、二度と起こすまい、起こさせまいと誓うことができるのでしょうか。思いと行動がつながっていません。
 日本にいると、アフガニスタンのこともイラクのこともなかなか実感が伴いません。しかし、情報を頼りに、理性と想像力を働かせて、日本人もアフガニスタンやイラクの人々のために、戦争をしないことを誓うべきではないでしょうか。
 テロ撲滅の為の戦争などというものは大いなる欺瞞ではないでしょうか。アフガニスタンやイラクの空襲を肯定するなら、長崎も広島も全国の空襲もすべて肯定せざるを得なくなるのではないでしょうか。07/10/14

    ●「算数の歌」  ●創作賛美歌  ●海野厚作品集

 作成日 00/06/10 更新日 2015/4/15 mp3ファイル 

●簡単に音色を綺麗にする方法