メロディと詞の個展





 

「いつか必ず」 


詞・曲 板倉直壽  2005.1.15
詞改作        2010.5.14  
歌  メグッポイド 

 

1、いつか必ず  社会のために

  役立つような  人になろうと

  心に誓(ちか)い  生きてはきたが

  これまで何が  できたのだろう


  明治  大正  昭和に  平成

  苦難を生きた  父母(ちちはは)

  感謝  感謝  感謝の気持ち

  この世に返そう


2、いつか必ず  世界のために

  価値あることを  したいものだと

  ひそかに誓(ちか)い  生きては来たが

  これまで何が  できたのだろう

  明治  大正  昭和に  平成

  日本の国を  築いた人に

  感謝  感謝  感謝の気持ち

  次代に語ろう




群馬県富岡市教育委員会その他主催、2005年 第18回 「かぶらの里童謡祭」作曲募集の際、課題詩「かぶらの里の宝物」に付けて応募した曲です。今回、その曲に詩を付けてみました。


 子どもたちの教育に役立ててほしいと、神奈川県大磯町の横溝千鶴子さん(88)が米寿の誕生日を迎えた2007年11月16日、故郷の同県南足柄市に現金10億円を寄付したという。こういう役立ち方もあるのですね。この方は40年前から、米寿には10億円寄付しようと貯金してきたそうです。
詞/07/11/16
    ●「算数の歌」  ●創作賛美歌  ●海野厚作品集

 作成日 07/11/16 更新日 2015/4/15 mp3ファイル 
 ●簡単に音色を綺麗にする方法