「メロディと詞の個展」




 

「 け や き 」 

詞 金井 勉
曲 板倉直壽     1999.2 
歌 メグッポイド


@寒い北風ふきつけて
  雪の重さが増すばかり
  村のはずれの大きなけやき
  春を信じて耐えている


A土手にすみれが咲き出して
  遠い山脈かすむころ
  背伸びしている大きなけやき
  淡い若芽のかさをさす


B強いひざしの昼下がり
  ふいに降り出すにわか雨
  茂る青葉の大きなけやき
  せみや小鳥のいこう宿


Cつづくたんぼは黄金色
  もずの呼ぶ声ひびきます
  風にゆれてる大きなけやき
  道にもみじをしきつめる


D幼い頃のそのままに
  枝を広げる太い幹
  きょうも見上げる大きなけやき
  夕焼け空にシルエット

  


1999年 飯山市教育委員会「心のうた ふるさとのうた」 応募作品
歌詞はその時の課題詞


  ●「算数の歌」  ●創作賛美歌  ●海野厚作品集

  作成日 99/09/12  更新日 2015/4/15 mp3ファイル
 ●簡単に音色を綺麗にする方法