「メロディと詞の個展」


 

「古都が守った空」        

詞 高寺夏代    
曲 板倉直壽  1998.1   
歌  メグッポイド


@生まれたところが ここでよかった
  育ったところが ここでよかった
  嫁いだ先から ふるさとと 呼べる景色が ここにある
  芝生の上に 寝ころべば 一面広がる 青い空
  生まれる 子供に 見せてやりたい
  古都が守った 今日の空


A文化の町で 私の歩み
  助けてくれた 父と母
  窓にちぎれた 夕暮れを  眺めて寂しく 思うとき
  瞳を閉じれば その奥に  一面広がる 赤い空
  ランドセルの 色にも負けない
  古都がまもった いつかの空


Bいつもそばに いてくれる
  いつも遠くで ささえてくれる
  私の家族に 新しい 小さな命が 生まれた日
  笑顔に素敵な 夢を見た 一面広がる 虹の梯子
  手をつないで 歩いていこう
  古都が守った 明日の空

  


1998年 まほろば音楽祭 応募作品
 歌詞はその時の課題詞の1つ


   ●「算数の歌」  ●創作賛美歌  ●海野厚作品集

 作成日 99/09/12     更新日 2015/4/15 mp3ファイル

 ●簡単に音色を綺麗にする方法