「メロディと詞の個展」



    

  「 微 笑 み 」

詞・曲 板倉直壽   1990.6.12
歌  メグッポイド


@※いつでも 微笑み忘れないで
   街に出かけよう
   いつでも 微笑み絶やさないで
   人と語ろう

   微笑む人は素晴らしい
   心に愛を運ぶから

   微笑みを見て 人は励まされ
   勇気づけられ 力が湧いてくる
   微笑みは 神様からの
   心に残る贈り物

A※いつでも 微笑み忘れないで
   街に出かけよう
   いつでも 微笑み絶やさないで
   人と語ろう

   微笑む人は 強い人
   涙こらえて耐える人

   微笑みを見て 人は喜び
   慰めを受け 幸せになる
   微笑みは 神様からの
   心にしみる贈り物
  
B※いつでも 微笑み忘れないで
   街に出かけよう
   いつでも 微笑み絶やさないで
   人と語ろう

   悲しい時にも 微笑みなさい
   苦しい時にも 微笑みなさい

   あなたの微笑みは この世の宝
   この世の光 あなたの幸せ
   微笑みは 神様からの
   心に届く贈り物
   贈り物   贈り物 ・・・


                      



 現皇太子殿下がご幼少のころ、東宮侍従としてご養育係を努めた方で浜尾実という方がいます。この方が書いた「女の子の躾方」という本を読んだときにこんなことがかいてありました。遠い記憶なので不正確かもしれませんが・・・
 ある日、浜尾さんの娘さんが今にも泣きそうな辛そうな顔をして家に帰って来たそうです。その時奥さんは、何かあったの?と事情を聞くでもなく、慰めの言葉をかけるでもなく、娘の顔を見るなり、「あなた、何、そのひどい顔は。鏡で自分の顔を見てらっしゃい」といきなりしかったのだそうです。それは、どんなに悲しいことがあっても辛くても、女の子は絶対に笑顔を絶やしてはいけない、それだけ強くなければいけないという強い信念から出たものだそうです。
 それを読んだとき、いつも笑顔でいることは本当に大変なことなのだと、今更ながらに思い知らされました。私は昔から「むっつりしている」と言われることが多かったので、いつも笑顔でいられる人はすばらしいと前々から思っていましたが、なるほど「強さ」と「覚悟」が必要なのだなと思った次第です。 1999.9.5 記


浜尾実・・・1951年から1971年まで東宮侍従。その体験や、退官後に就いた聖心女子学院教諭、聖母幼稚園(長野県岡谷市)園長の経歴を踏まえて、皇室や教育に関する評論家として活動、テレビ番組にも出演していた。2006年10月25日永眠。81才。(asahi.comより引用)


   ●「算数の歌」  ●創作賛美歌  ●海野厚作品集

 作成日 98/11/09 更新日 2011/09/17 mp3ファイル  2012/01/20 wmaファイル

  ●簡単に音色を綺麗にする方法